人の悩みの原因となるビリーフ『子どもであってはならない』

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフについて解説しています。


今日扱うビリーフは『子どもであってはならない』です。
 

  • 人に頼れない、甘えられない
  • いつも他人の顔色を窺ってしまう


そういった悩みを抱えている方はぜひ最後までお読みください。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

『子どもであってはならない』はどんなビリーフ?

子どもであってはならない』のビリーフを持つ人は「子どもの頃に子どもであることを諦めた人」です。


自分よりも他人を優先する、いつも人の顔色をうかがう、率先して困ってる人の面倒を見ようとする、などの特徴があります。


また、逆に心の中にある「良い子でないといけない」といった気持ちに反抗して、過度に自由に振る舞ったり不自由に反抗する人もいます

『子どもであってはならない』を持つ人の特徴

子どもであってはならない』のビリーフを持つ人の特徴には以下のようなものがあります。


これらが全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 全員から「いい人」と思われたい
  • 人に頼れない・甘えられない
  • 「大丈夫です」が口癖
  • 可哀想な立場の人に過度に同情する
  • 人に指示的(親的な態度)になりがち
  • 子どもっぽい人を見るとイライラする
  • 過剰に自由に振る舞おうとする
  • 自由を奪われることに強く反抗する

『子どもであってはならない』が刷り込まれる場面

幼少期に親のしつけが厳しく、子どもらしい振る舞いをさえてもらえなかった(泣くな、甘えるな、ちゃんとしなさいなど)経験があると、子どもは『子どもであってはいけない』と思い込む可能性があります。


他にも以下のような場面で『子供であってはならない』が刷り込まれる可能性があります。

刷り込みの場面

  • 親が真面目な人でしつけが厳しかった
  • 「お兄(姉)ちゃんでしょ」と甘えさえてもらえなかった
  • 子どもらしい振る舞い(泣く、わがままを言う等)をさせてもらえなかった
  • 家庭の問題で「自分がしっかりしなければ」と決めた
  • 病気の親を喜ばせようと「自分が親を幸せにする」と決めた

まとめ

子どもであってはならない』のビリーフは別名「良い子のビリーフ」とも言われ、日本人であればほとんどの人が持っていると思われます。(困っているかどうかは別です。)


いつも人の顔色をうかがったり、自分の気持ちをがまんして他人を優先したり、困ってる人を率先して助けようとしたりしますが、その根底にある思いは「誰からもいい人と思われたい」です。


ただし、過度に周りに合わせてばかりいると誰からも嫌われない代わりに誰からも好かれにくくなってしまいます

このビリーフを取り除けば、自分の気持ちを尊重した自分らしい生き方ができるようになるでしょう


自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩


まずは日々の行動を振り返り、自分にどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。


また、『ライフチェンジコーチング』では、悩みの根本となっているビリーフを書き換えるカウンセリングと、理想の自分に向かって伴走するコーチングを両方行います。


どうしても苦しいビリーフを抱えている方、悩みを解決して理想の人生を手に入れたい方は、ぜひ体験セッションまでお越しください


ライフチェンジコーチングの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。