人の悩みの原因となるビリーフ『セクシーになってはいけない』

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフについて解説しています。


今日扱うビリーフは『セクシーになってはいけない』です。
 

  • セクシーな格好に嫌悪感を感じる
  • 性的なものに拒否反応を示す


そういった悩みを抱えている方はぜひ最後までお読みください。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

『セクシーになってはいけない』はどんなビリーフ?

セクシーになってはいけない』のビリーフを持つ人は『成長してはいけない』の派生系で、自分や他人のセクシー(性的)な面に嫌悪感や罪悪感などの感覚を感じます


また、逆に心の中にある『セクシーになってはいけない』気持ちに反抗して、過剰にセクシーな格好をする場合もあります


なお、女性に多いビリーフではありますが男性が持つこともあり、その場合は男性らしさに対して嫌悪感や罪悪感を感じます。(女性は女性らしさ、男性は男性らしさに否定的になる

『セクシーになってはいけない』を持つ人の特徴

セクシーになってはいけない』のビリーフを持つ人の特徴には以下のようなものがあります。


これらが全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

ビリーフを持つ人の特徴

  • セクシーな格好の人に嫌悪感を感じる
  • 服を選ぶ時にいやらしく見えないか気にする
  • 下ネタを異常に嫌う
  • セックスが嫌い・怖い・楽しめない
  • 性的な事を理解しようとしない
  • 過剰にセクシーな格好をする

『セクシーになってはいけない』が刷り込まれる場面

身体的に女性らしくなっていく娘に対して親がセクシーな格好を禁止したり、よそよそしい態度を取るようになっると、子どもは『セクシーになると愛されなくなる』と思い込む可能性があります。

(※一般的に父親が女性に与える場合が多い)


他にも以下のような場面で『セクシーになってはいけない』が刷り込まれる可能性があります。

刷り込みの場面

  • 子どもの身体的な成長を親が嫌がった
  • 成長していく娘に父親がよそよそしい態度をとるようになった
  • 親のいやらしい言葉や態度に嫌な思いをした
  • 性的虐待、痴漢、レイプなどを経験した(セクシーだからこんな目にあったと感じた)
  • 親のセックスを見てショックを受けた

まとめ

セクシーになってはいけない』のビリーフは『成長してはいけない』の派生系で、性的な事は自分には関係ない(自分は子どもだから)といった感覚を持つビリーフです。


性的な発言、格好、行為に対して嫌悪感を持ち、セックスが怖い・楽しめないといった悩みや、女性の不感症や男性のED(勃起不全)など身体的な症状に出る場合もあります。


なお、『成長してはいけない』と同じく、ビリーフを取り除くことで身体的な変化(女性は女性らしく、男性は男性らしく)が起きるビリーフの1つです。


自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩


まずは日々の行動を振り返り、自分にどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。


また、『ライフチェンジコーチング』では、悩みの根本となっているビリーフを書き換えるカウンセリングと、理想の自分に向かって伴走するコーチングを両方行います。


どうしても苦しいビリーフを抱えている方、悩みを解決して理想の人生を手に入れたい方は、ぜひ体験セッションまでお越しください


ライフチェンジコーチングの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。