人の悩みの原因となるビリーフ『正気であってはならない』

人の悩みの原因となるビリーフ『正気であってはならない』

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフについて解説しています。


今日扱うビリーフは『正気であってはならない』です。
 

  • 気がおかしくなりそうなことがある
  • 変わった行動や言動で注目を集めたくなる


そういった悩みを抱えている方はぜひ最後までお読みください。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

『正気であってはならない』はどんなビリーフ?

正気であってはならない』のビリーフを持つ人は無意識に自分で自分を追い詰めたり、変わった言動や行動で周囲からの注目を集めるといった特徴を持ちます。


「変わった人でないと誰からも相手にしてもらえない」といった感覚から来てる場合や、心の中にある絶望的な悲しみや恐れを感じないために自分や他人を傷つける場合も


扱うことが少ない珍しいビリーフではありますが、悩みになると非常に苦しいビリーフの1つでしょう。

『正気であってはならない』を持つ人の特徴

正気であってはならない』のビリーフを持つ人の特徴には以下のようなものがあります。


これらが全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 気がおかしくなりそうなことがある
  • 変わった行動や言動で注目を集める
  • ヒステリーを起こして周囲をコントロールする
  • 変わってると言われると嬉しい
  • 絶望的な悲しみや恐れを隠すために自他を傷つける
  • 過度に「普通」にこだわる

『正気であってはならない』が刷り込まれる場面

幼少期におかしな行動をした時だけ周りから注目されたり、他人のおかしな行動や言動の真似をしても誰も直してくれなかった場合にこのビリーフが刷り込まれる可能性があります。


他にも以下のような場面で『正気であってはならない』が刷り込まれる可能性があります。

刷り込みの場面

  • おかしな行動をした時だけ褒められたり注目された
  • 精神病の親や親戚の真似をしても誰も直してくれなかった
  • 両親から愛されないなどの狂いそうなほどの絶望を感じないために自分や他人を攻撃するようになった

まとめ

正気であってはならない』のビリーフは自分で自分を狂わせようと追い詰めたり、変わった行動で周囲の注目を集めようとするビリーフです。


本人が抱える苦しみは大きなものですので、このビリーフがあると思う方は自力でどうこうするのではなく専門家のセラピーを受けた方がいいでしょう。


自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩


まずは日々の行動を振り返り、自分にどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。


また、『ライフチェンジコーチング』では、悩みの根本となっているビリーフを書き換えるカウンセリングと、理想の自分に向かって伴走するコーチングを両方行います。


どうしても苦しいビリーフを抱えている方、悩みを解決して理想の人生を手に入れたい方は、ぜひ体験セッションまでお越しください


ライフチェンジコーチングの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。