人の悩みの原因となるビリーフ『重要であってはいけない』

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフについて解説しています。


今日扱うビリーフは『重要であってはいけない』です。
 

  • 自分に自信がない
  • 大事な場面でいつも緊張する


そういった悩みを抱えている方はぜひ最後までお読みください。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

『重要であってはいけない』はどんなビリーフ?

『重要であってはいけない』のビリーフを持つ人は「自分には価値がない」といった感覚を持ち、自分に自信がない、劣等感が強い、大事な場面で緊張しやすい、などの特徴があります。


また、逆に「自分には価値がない」感覚に反抗して過剰に勝ち負けにこだわるなど、自分が重要だと必死に証明する場合もあります。

『重要であってはいけない』を持つ人の特徴

重要であってはいけない』のビリーフを持つ人の特徴には以下のようなものがあります。


これらが全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 自分には価値がないと思う
  • すぐに自分はダメと落ち込む
  • 大事な場面で緊張する
  • 失敗を過剰に恐れる
  • 褒められても受け取れない
  • プライドが異常に高い
  • 他人と比較して勝ち負けにこだわる
  • 他人の批判に過剰反応する
  • お礼や謝罪が言えない

『重要であってはいけない』が刷り込まれる場面

幼少期に厳しい親から「お前は本当にダメなやつだ」などと叱られたりバカにされたりすると、子どもは『自分は重要であってはいけない』と思い込む可能性があります。


他にも以下のような場面で『重要であってはいけない』が刷り込まれる可能性があります。

刷り込みの場面

  • いつも怒られてばかりいた
  • 親から否定されてばかりいた
  • 自己主張を許されなかったり話を聞いてもらえなかった
  • 「(自分より)もっと周りのことを考えろ」と言われてばかりいた
  • 何かをうまくできた時だけ褒めてもらえた(=うまくできない自分には価値がない)

まとめ

重要であってはいけない』のビリーフは日本人であれば多くの人が持っているビリーフです。


一見いつも怒っていたり、周りに偉そうにするような”強がっている人“も、本人は気付いてないだけでこのビリーフを持っている可能性が高いでしょう。


また、このビリーフを持つ人は自分に付随するもの(持ち物や成果など)に対しても価値がないと考えてしまうのも特徴の1つです。


そしてこのビリーフを取り除くことができれば、自分を重要な存在だと感じられるようになるでしょう。


自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩


まずは日々の行動を振り返り、自分にどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。


また、『ライフチェンジコーチング』では、悩みの根本となっているビリーフを書き換えるカウンセリングと、理想の自分に向かって伴走するコーチングを両方行います。


どうしても苦しいビリーフを抱えている方、悩みを解決して理想の人生を手に入れたい方は、ぜひ体験セッションまでお越しください


ライフチェンジコーチングの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。