人の悩みの原因となるビリーフ『成し遂げてはいけない』

人の悩みの原因となるビリーフ『成し遂げてはいけない』

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフについて解説しています。


今日扱うビリーフは『成し遂げてはいけない』です。
 

  • いつもあと一歩の所で失敗する
  • 途中でやる気がなくなることが多い


そういった悩みを抱えている方はぜひ最後までお読みください。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

『成し遂げてはいけない』はどんなビリーフ?

成し遂げてはいけない』のビリーフを持つ人はいつもあと一歩の所でやり遂げられない、やり遂げる前に興味を失くして辞めてしまう、などの特徴があります。


中には「成功すると嫌われる」といった想いを持ち、そのために「成し遂げてはいけない」と感じている場合もあります。


また、そもそも何かを成し遂げようといった気持ちを感じられず、何も行動しようとしない人もいます。

『成し遂げてはいけない』を持つ人の特徴

成し遂げてはいけない』のビリーフを持つ人の特徴には以下のようなものがあります。


これらが全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

ビリーフを持つ人の特徴

  • いつも成功の一歩手前で失敗する
  • 達成しても人には言えない
  • 読みかけの本がたくさんある
  • 「自分は何もできない」と言いがち
  • そもそも何も行動しようとしない(達成への期待感がない)
  • あれもこれも達成しようと過剰に頑張る(どれも中途半端になる)

『成し遂げてはいけない』が刷り込まれる場面

幼少期に完璧主義の親から何をやっても批判されて育つとテストで99点を取っても間違えた1点を叱られるなど)、子どもは『自分は何一つ成し遂げられない』と思い込む可能性があります。


他にも以下のような場面で『成し遂げてはいけない』が刷り込まれる可能性があります。

刷り込みの場面

  • 完璧主義の親に批判されてばかりいた
  • 親に褒められながら最後までやり遂げた経験がない
  • 成功すると周りからイジメられた
  • 失敗した時だけ親が優しくしてくれた
  • 親に何かで勝つと機嫌が悪くなった

まとめ

成し遂げてはいけない』のビリーフを持っているといつもあと一歩の所で失敗してしまうため、「自分は何をやってもうまくいかない」と思い込んでしまいます。


しかし、これはあくまで『思い込み』ですので、ビリーフを取り除くことができれば必ず最後までやり遂げられるようになるでしょう


また、「成功すると周りから嫌われる」「失敗すると周りから優しくしてもらえる」など、『成功しないことに目的がある』場合もあります。


自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩


まずは日々の行動を振り返り、自分にどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。


また、『ライフチェンジコーチング』では、悩みの根本となっているビリーフを書き換えるカウンセリングと、理想の自分に向かって伴走するコーチングを両方行います。


どうしても苦しいビリーフを抱えている方、悩みを解決して理想の人生を手に入れたい方は、ぜひ体験セッションまでお越しください


ライフチェンジコーチングの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。