【活発性】ストレングスファインダー®学習メモ

【活発性】ストレングスファインダー®学習メモ

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


今日はストレングスファインダーの資質「活発性」について、僕が学んだ事に対するメモを残してみようと思います。


このメモがストレングスファインダーについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

ストレングスファインダー®の資質「活発性」とは

まずはギャラップ社による「活発性」の解説をご覧ください。

活発性
活発性という資質を持つ人は、アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。じっとしていることができないことが多いものです。
(引用:クリフトンストレングス

上記のように、「活発性」はとにかく行動が速く、考える前に動ける資質です。


頭の中に浮かんだものはとりあえずやってみるといった思考の持ち主で、たとうまくいかなくても気にせずに次の行動に移ることができます。


そのため、「失敗」という概念自体がないとも言えるかもしれませんね。そういう意味で「慎重さ」とは対極にある資質でもあります。


また、頭に浮かんだことはすぐ口にする所もあり、端的・シンプル・率直で裏表のない物言いをする方が多いでしょう。


その反面、周りを振り回しやすかったり、本人は気にしていなくても周囲からすれば大失敗と呼べるようなミスをしてしまうこともあるでしょう。

「活発性」の特徴(強み/弱み)

資質とはあくまで特徴であり、それは強みにも弱みにもなり得ます。


ここでは「活発性」の強みと弱みについていくつか事例をご紹介します。

「活発性」強み使いの事例

  • とにかく行動が速い
  • 考えるよりもまず手が動く
  • 失敗を恐れない
  • 率直で端的な物言いをする
  • 周囲のスピード感にも影響を与える

「活発性」弱み使いの事例

  • 周囲を振り回してしまう
  • 時に深刻な失敗をすることも(本人はあまり気にしていない)
  • 率直な物言いで人を傷つけることもある

まとめ

「活発性」を持つ人は、考えるよりも前に体が動きます。「失敗」という概念がなく、そもそもうまくいかなくて当然といった感覚で何にでも挑戦できる思考の持ち主です。


また、そのスピード感は周囲にも影響を与え、元々慎重な性格な人も、「活発性」を持つ人が周りにいると良い意味で行動が速くなることもあるでしょう。ここは当に影響力の資質ですね。


しかしその反面、時に周りを振り回してしまうことがあったり、本人は気にしていなくても、周囲に深刻な影響を与えるほどの失敗をしてしまうこともしばしば。


そのため「活発性」を上位に持つ人は、自分の周りに慎重な性格の人を置くなど、少なくとも深刻なミスだけはしないような工夫が必要です。


自分でやろうとするとせっかくの強みを抑え込んで苦しくなると思うので、やはりこういったことは得な人にお願いするのが一番ですね。


最後に、ストレングスファインダーの資質は他の資質との組み合わせでその人を特徴づけます


そのため、必ずしも全員がここでご紹介した通りの特徴があるとは限りませんので、その点はご了承ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。