【自我】ストレングスファインダー®学習メモ

【自我】ストレングスファインダー®学習メモ

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


今日はストレングスファインダーの資質「自我」について、僕が学んだ事に対するメモを残してみようと思います。


このメモがストレングスファインダーについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

ストレングスファインダー®の資質「自我」とは

まずはギャラップ社による「自我」の解説をご覧ください。

自我
自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。
(引用:クリフトンストレングス

上記のように、「自我」は周囲から重要な人間として認められたい資質です。


しかし「自我」には大きく分けて以下の2つのタイプがあるといわれています。
 

  1. 自分がスポットライトを浴びることで力を発揮するタイプ
  2. 周囲から役に立つと思われることで力を発揮するタイプ


どちらにも共通して言えるのは、その他大勢の中に埋没したくないといった想いで、それぞれの状況に身を置くことで力を発揮できます。


その反面、周囲から認めてもらえないとやる気をなくして仕事を投げ出してしまうなんてこともあるでしょう。

「自我」の特徴(強み/弱み)

資質とはあくまで特徴であり、それは強みにも弱みにもなり得ます。


ここでは「自我」の強みと弱みについていくつか事例をご紹介します。

「自我」強み使いの事例

  • 人前に出ると力を発揮できる
  • 誰かの役に立つために力を発揮できる
  • 認めてもらえるとどんどんやる気が出る
  • 自分が認められたい気持ちが強いので、他人が褒められたいポイントもわかる

「自我」弱み使いの事例

  • 認めてもらえないとやる気をなくす
  • 目に見える形で承認されたい
  • その他大勢扱いされるといや
  • 自分に矢印が向きやすい

まとめ

「自我」を持つ人は、自分の存在を重要視されたい、その他大勢の中に埋没したくないといった気持ちが根底にあります。


自分を認めてもらうためなら大きなことを成し遂げられるくらいのエネルギーも発揮するため、自我は比較的パワフルな資質だと言えるでしょう。


しかしその反面、周囲から認めてもらえないと途端にやる気をなくしてしまうこともあり、繊細で扱いが難しい資質でもあります。


そのため「自我」を上位に持つ人は、自分をしっかりと認めてもらえる環境に身を置くことが非常に大切です。しっかりと自我を満たしてあげれば、その分大きな成果も出せるでしょう。


最後に、ストレングスファインダーの資質は他の資質との組み合わせでその人を特徴づけます


そのため、必ずしも全員がここでご紹介した通りの特徴があるとは限りませんので、その点はご了承ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。