【アダルチルドレン】やりたいことがわからない人に潜む本当の問題

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


ここ数年、コロナ禍の影響もあって働き方に大きな変化が生まれ、今までの生き方、働き方を考え直し始めた方もいるでしょう。


ただ、そうやって改めて考えてみた時に「やりたいことがわからない」と悩む方は少なくありません。


実際、僕の所にコーチングを受けに来る人も「やりたいことがわからない」といったテーマを持ってくる方が増えています。


しかし、そういった人たちとお話ししていて感じるのは本当の問題が何かわかっていない人が非常に多い。


そこで今日はやりたいことがわからない人に潜む本当の問題といったテーマでブログを書いてみました。


「やりたいことがわからない」「好きなことで生きていきたい」のような悩みを抱えている方はぜひ最後までご覧になってください。

本当に知りたいのはやりたいことじゃない

コーチングを受けに来るクライアントさんの中には「やりたいことがわからない」といった悩みを抱えている人がとても多いです。


ですがこれ、実はほとんどの場合が間違った悩みなんですよね。


というのも、いざ話を聞いてみるとやりたいことは意外とスラスラ出てきたりするもの。


ただし、
 

  • それでは仕事にならない…
  • それをすると家族に迷惑が…


など、色んな「条件」が出てくるんです。


つまり、本当に知りたいのは「やりたいこと」ではなく、仕事として成立したり家族に迷惑がかかったりしないような「やっても大丈夫なこと」なんですよね。


だとしたら、「やりたいことがわからない」と悩んでいるだけじゃ、僕たちの脳はどれだけ悩んでも正しい答えは出してくれません。
(というより、「やりたいこと」に対する答えはちゃんと出してくれてる)


些細なことのようにも思えるかもしれませんが、欲しい答えを出すためには正しく悩むのも重要なんです

足りないのは情熱でも気合いでもない

「やりたいことがわからない」と悩んでいる人の中には、何かをやりたいと思う「情熱」とか、やりたいことを実現させる「気合い」が足りないと思ってる人も多いです。


確かにそれも一つの要因かもしれません。


しかし、先ほども言ったように、ほとんどの人が「やりたいこと」は既にぼんやりとわかっています。


ですが、それをやってしまうとお金・家庭などの面で何らかの問題が起こると無意識に思っているんです。


つまり、本当の問題は「情熱」や「気合い」が足りないことではなく、やりたいことをやることに対して「制限」がかかっている所だと言えるでしょう。


車で例えると、思うように前に進めないのはアクセルを踏む力が弱いのではなく、そもそもブレーキがかかっているということ。


その状態では、いくらアクセルを強く踏んだ所で、思うように前には進めません。それどころか、下手をすると車が壊れてしまう可能性すらありますよね。


「やりたいことがわからない」と悩む人は、アクセルを強めることばかりではなく、無意識にかかっているブレーキを弱めることも大切になってくるでしょう。

行動するためのカギはネガティブの中にある

とはいえ、「やりたいことがわからない」と悩む人の多くは自分がブレーキを踏んでいると気づいていません


だからこそ、前に進むためにはアクセルを強く踏まないといけないと誤解して、どんどん空回りしてしまうわけです。


ですので、「やりたいことがわからない」と悩む人にとって最も重要なのは、
 

  • 自分にはどんなブレーキがあるか?
  • どうしてブレーキがかかっているのか?


など、自分の中にある無意識のブレーキの正体に気づくことだと言えます。


でもどうすれば無意識のブレーキに気づくことができるんでしょう?


ここで重要な手掛かりとなるのが、あなたの中にあるネガティブな感情なんです。


「恐怖」「不安」「焦り」などといったネガティブな感情を感じる時、
 

  • 何がどうなると思うんでしょう?
  • どうしてそう思うんでしょう?
  • そう思う目的は何でしょう?


そうやって自分の感情や思考を紐解いていくことで、自分の中にあるブレーキの正体が見えてきます。


多くの人はポジティブな感情は大事にするけど、ネガティブな感情は消そうとしたりなかったことにしてしまいます。


ですが、「やりたいことがわからない」と悩む人にとって、行動するためのカギはネガティブな感情の中にあるんです

まずは自分の気持ちと向き合うこと

何かにつまづいたり、物事がうまくいかない時、ほとんどの人は「正しいやり方」を求めて情報を集めるでしょう。


しかし、今の時代、「正しいやり方」はそこら中に転がっていて、少し調べるだけでも大量の情報が手に入ります。


それでうまくいく場合もたくさんあると思います。しかし、それでもうまくいかない時、本当に必要なのは「正しいやり方」ではなく「うまくいかない本当の原因」かもしれません。


そしてそれはネットや本などといったあなたの外側にはなく、あなた自身の内側にあるものなんです


だから、悩んだ時、うまくいかない時、頑張っても苦しい時、まずは自分の気持ちとしっかり向き合ってみてください。


僕のライフチェンジコーチングでは、一人ではなかなか気付けない自分の内側を一緒に探求する場を提供しています。


初めての方は体験セッションを受付中ですので、興味があれば一度覗いてみてくださいね。


⇒初回体験セッションの詳細はこちら


最後まで読んでいただきありがとうございました。