人の悩みの原因となる24個のビリーフまとめ

こんにちは。
自分を諦めてきた人専属ライフコーチの
大野貴之です。


人は誰しも「ビリーフ(信念)」と呼ばれる思い込みや固定観念を持っており、それがその人の行動、さらには人生にまで大きな影響を与えてしまいます


この記事では、そんなビリーフの中でも人の悩みの原因となりやすい24個のビリーフをまとめました。


※ビリーフって何?という方は以下の記事からご覧ください↓

自己重要感に関するビリーフ(全4種)

重要であってはいけない

どんなビリーフ?

自分には価値がない」といった感覚を持ち、自分に自信がなかったり劣等感が強い傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 自分には価値がないと思う
  • すぐに自分はダメと落ち込む
  • 大事な場面で緊張する
  • 失敗を過剰に恐れる
  • 褒められても受け取れない
  • プライドが異常に高い
  • 他人と比較して勝ち負けにこだわる
  • 他人の批判に過剰反応する
  • お礼や謝罪が言えない

さらに詳しい解説はこちら⇒

欲しがってはいけない

どんなビリーフ?

自分の欲求には価値がない」といった感覚を持ち、欲しがることに罪悪感を感じたり、自分の気持ちを後回しにして他人を優先する傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 「欲しい」と言えない
  • 人に頼みごとができない
  • すぐ「なんでもいい」と答える
  • 自分のためにお金を使えない
  • 欲しいものを選べない
  • いつも何かが欲しい
  • 欲しくないものでも買ってしまう
  • 買っても使わないことが多い

さらに詳しい解説はこちら⇒

成し遂げてはいけない

どんなビリーフ?

成功したら嫌われる」などの感覚を持ち、いつもあと一歩の所でやり遂げられない、やり遂げる前に興味を失くして辞めてしまう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • いつも成功の一歩手前で失敗する
  • 達成しても人には言えない
  • 読みかけの本がたくさんある
  • 「自分は何もできない」と言いがち
  • そもそも何も行動しようとしない(達成への期待感がない)
  • あれもこれも達成しようと過剰に頑張る(どれも中途半端になる)

さらに詳しい解説はこちら⇒

成功を感じてはいけない

どんなビリーフ?

まだまだ」「もっともっと」といった感覚を持ち、目標を達成しても達成感を感じられない傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 「まだまだ」「もっともっと」と思う
  • できている所に気付けない
  • 常にやることがたくさんある
  • 何事も過剰に頑張ってしまう
  • 仕事中毒

さらに詳しい解説はこちら⇒

人間関係に関するビリーフ(全4種)

人に近づいてはいけない

どんなビリーフ?

人に近づいたり親密になるのが恐い」といった感覚を持ち、人間関係がうまくいかない、不適切な人間関係を築いてしまう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 人に近づくのが怖い
  • 人が近くにいると疲れる・緊張する
  • 人に触れられたり触れるのが嫌
  • 人と親密になれない(親友がいない)
  • 人に自分の本音が言えない
  • 人との距離感が異常に近い
  • 他人の噂話などを喋り続ける(自分の話をされたくないため)
  • 嫌われるような関わり方をする
  • ストーカー的な近づき方をする

さらに詳しい解説はこちら⇒

人を信用してはいけない

どんなビリーフ?

「人を信用する感覚」がわからず人を信用することができない(無意識に「人を信用しない」と決めている)傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 人を信用する意味や感覚がわからない
  • 常に他人を疑ってしまう
  • 皆に悪口を言われていると感じる
  • パートナーに対する嫉妬心が強い(信用できないため)
  • 過剰に「人は信用したい!」と思う
  • 信用できない人に近づいて裏切られる
  • 信用できる理想の人を探し続けている

さらに詳しい解説はこちら⇒

集団に属してはいけない

どんなビリーフ?

『人に近づいてはいけない』の複数人バージョンで、集団の中で孤立感や疎外感を感じてしまう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 飲み会などの集まりに溶け込めない
  • 組織の中で居場所がないと感じる
  • 団体行動が苦手で一匹狼になりがち
  • 組織やグループに不満を持ちやすい
  • 興味がないグループに加わろうとする

さらに詳しい解説はこちら⇒

感謝をしてはいけない

どんなビリーフ?

「人に感謝する感覚」がわからず感謝の気持ち自体を感じられない、人からしてもらってることに気付けない傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 他人への感謝の気持ちを感じられない
  • 他人からしてもらってることに気付けない
  • いつも何かに不平不満を言っている
  • 感謝をしてはいけない気がする
  • 思ってないのに「ありがとう」を連発する

さらに詳しい解説はこちら⇒

成長に関するビリーフ(全6種)

子どもであってはならない

どんなビリーフ?

良い子でないといけない」といった感覚を持ち、何でもちゃんとやろうとする、いつも人の顔色をうかがう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 全員から「いい人」と思われたい
  • 人に頼れない・甘えられない
  • 「大丈夫です」が口癖
  • 可哀想な立場の人に過度に同情する
  • 人に指示的(親的な態度)になりがち
  • 子どもっぽい人を見るとイライラする
  • 過剰に自由に振る舞おうとする
  • 自由を奪われることに強く反抗する

さらに詳しい解説はこちら⇒

成長してはいけない

どんなビリーフ?

心理的には子どものまま」な感覚があり、うっかりミスが多い、いつも人に助けてもらう、責任ある立場が苦手な傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 「できない人」の立場を取りやすい
  • 笑って失敗をごまかすことが多い
  • 人に甘えるのが上手
  • 責任のある立場が苦手
  • 自分のことしか考えられない
  • 容姿や振る舞いが実年齢より幼い

さらに詳しい解説はこちら⇒

セクシーになってはいけない

どんなビリーフ?

『成長してはいけない』の派生系で、自分や他人のセクシー(性的)な面に嫌悪感や罪悪感を感じる傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • セクシーな格好の人に嫌悪感を感じる
  • 服を選ぶ時にいやらしく見えないか気にする
  • 下ネタを異常に嫌う
  • セックスが嫌い・怖い・楽しめない
  • 性的な事を理解しようとしない
  • 過剰にセクシーな格好をする

さらに詳しい解説はこちら⇒

考えてはいけない

どんなビリーフ?

『成長してはいけない』の派生形で、自分の意見や考えを持てない、すぐ人にどうしたらいいか聞いてしまう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 自分の意見や考えを持てない
  • 人にすぐ「どうしたらいいですか?」と聞いてしまう
  • 考えることを先延ばしにしてしまう
  • 考える前に感情的になる
  • 「自分は頭が悪い(から考えられない)」と思っている
  • 考えてばかりで結論が出ない
  • 本質ではない所ばかりを考えてしまう

さらに詳しい解説はこちら⇒

自由に行動してはいけない

どんなビリーフ?

「自分がやることはいつも間違っている」といった感覚を持ち、考えることはできてもなかなか行動に移せない傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 考えてばかりで行動しない
  • やらない(できない)言い訳が多い
  • やる前からできないと思ってしまう
  • 心配性で優柔不断(決める前も後も)
  • 「これでいいですか?」とすぐ許可を求める
  • 過剰に行動しまくる

さらに詳しい解説はこちら⇒

親から離れてはいけない

どんなビリーフ?

「親から離れるのは悪い/危ないことだ」といった感覚を持ち、親からなかなか離れられない、親子で共依存関係になりやすい傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 親離れが怖い
  • 親離れをすると親が可哀想に思う
  • 親が一緒にいないと不安になる
  • 親から離れると恨まれそうで怖い
  • 親子で共依存関係にある
  • 過剰に親と距離を置きたがる
  • 親が一緒にいない時だけ自由を感じる

さらに詳しい解説はこちら⇒

精神・身体に関するビリーフ(全5種)

健康であってはいけない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は、いつも身体が重く感じたり、慢性的に体調を崩してしまう傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 特別悪い所がないのに体調を崩す
  • 嫌なことがあると体調を崩す
  • 大事な時に限って体調を崩す
  • 寂しくなると体調を崩す
  • 慢性的に体調が悪い
  • 病気になっても休まない(休めない)

さらに詳しい解説はこちら⇒

正気であってはならない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は、無意識に自分で自分を追い詰めたり、変わった言動や行動で周囲からの注目を集める傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 気がおかしくなりそうなことがある
  • 変わった行動や言動で注目を集める
  • ヒステリーを起こして周囲をコントロールする
  • 変わってると言われると嬉しい
  • 絶望的な悲しみや恐れを隠すために自他を傷つける
  • 過度に「普通」にこだわる

さらに詳しい解説はこちら⇒

感じてはいけない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は痛みや満腹感などの「身体的感覚」や喜怒哀楽などの「感情」を感じられない傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 自分の感情がわからない
  • 食べる・歩くなど色んな動作が早い(感じようとしないため)
  • 頭で考えてばかりいる
  • いつも周りの感情に合わせてしまう
  • いつも第三者の立場で客観視している
  • 痛み、満腹、空腹などの「感覚」を感じない
  • 心身症、自律神経失調症を引き起こす

さらに詳しい解説はこちら⇒

楽しんではいけない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は、何をやっても心から楽しめず、楽しむことに罪悪感を感じる傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 何をしても楽しめない
  • 自分の好きなことがわからない
  • 「人生は苦労すべきものだ」と思っている
  • わざわざ苦労する道を選んでやりがいを感じる
  • 楽しいことをする前後に体調を崩す
  • いつも「楽しいこと探し」をしている

さらに詳しい解説はこちら⇒

くつろいではいけない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は、くつろいだりのんびりすることに罪悪感を感じる傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • いつもリラックスできない
  • 身体は休めても心は休まらない
  • つい何でも頑張りすぎてしまう
  • いつも疲れている(でも休めない)
  • 肩こり首コリがひどい(いつも緊張している)

さらに詳しい解説はこちら⇒

生存に関するビリーフ(全5種)

存在してはいけない

どんなビリーフ?

このビリーフを持つ人は、「私なんていない方がいい…」「もう消えてしまいたい…」のような感覚を持つ傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 「死にたい」という感覚がある
  • 自分も含めて皆死ねばいいと思う
  • どこかに消え去ってしまいたい
  • 他人を傷つけたり傷つける想像をしてしまう
  • バンジーやスカイダイビングが好き(死の恐怖がマヒしている)
  • 自分の存在や生き様を見せつける

さらに詳しい解説はこちら⇒

ありのままの自分であってはいけない

どんなビリーフ?

「他の誰かのようにならないとダメ」といった感覚を持ち、自分らしい生き方ができない傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • ありのままの自分ではダメだと思う
  • 誰々のようでないといけないと感じる
  • 劣等感が強い(誰々と比べて自分は…)
  • 他人が褒められるのを見ると嫌な気になる
  • 理由なく自分に罪悪感を感じる
  • 過剰な競争心がある
  • 過剰に自分を主張する
  • No.1よりオンリーワンへの過剰なこだわり

さらに詳しい解説はこちら⇒

自分の性別であってはいけない

どんなビリーフ?

「自分は違う性別で生まれるべきだった」という感覚を持ち、異性のような格好、振る舞い、言葉遣いをしたり、同性に対して競争心をむき出しにする傾向がある。

※LGBTQのように心が異性なのではなく、自分の性別を否定するビリーフです。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 女性(男性)が女性(男性)らしい格好をしない(できない)
  • 「女(男)らしさ」という言葉に過剰反応する
  • 同性に対して批判的、攻撃的
  • 女性で「男にだけは負けたくない」と強く思う
  • 女性が女性らしさへの過剰なこだわりがある
  • 男性が男性らしさへの過剰なこだわりがある
  • 男性は感情的になりやすい

さらに詳しい解説はこちら⇒

見えてはいけない

どんなビリーフ?

「目立ちたくない(目立つのが怖い)」といった感覚を持ち、学校や職場で常に平均的であろうとする傾向がある。

ビリーフを持つ人の特徴

  • 存在感を出すのが苦手、怖い
  • (目立たないよう)周りと合わせないといけないと感じる
  • 自分だけ目立ってないか周りが気になる
  • 自己主張ができない
  • 大きな声を出せない
  • よく目立つ
  • 派手な服を着る

さらに詳しい解説はこちら⇒

愛着を感じてはいけない

どんなビリーフ?

愛情という感覚がわからず人と親密な関係になることを避けたり、人から見捨てられる不安を抱えている傾向がある

ビリーフを持つ人の特徴

  • 人から見捨てられる不安(恐怖)がある
  • 愛情のぬくもりを感じられない(わからない)
  • 人を愛するのが怖い
  • 嫉妬心・独占欲が強い(愛情を疑うため)
  • 赤ちゃんを見ても可愛いと感じない
  • 人から愛される努力をいつもしている
  • 愛情なんていらないと感じる

さらに詳しい解説はこちら⇒

まとめ

悩みの根本原因となっているビリーフを書き換えることができれば、生きづらさは大きく解消されるでしょう。


ですが、ビリーフは脳幹に刻まれるとも言われており(諸説あります)、意志や思考の力でどうにかするのは非常に困難


もし本気でビリーフを書き換えたい方は、勇気を出して専門家の力を借りてみてください


『ライフチェンジコーチング』は、ビリーフを書き換えるカウンセリングと理想の人生を手に入れるコーチングを両方行います。


興味がある方は、ぜひ一度体験セッションにお越しくださいね。


体験セッションの詳細はこちら⇒


最後まで読んでいただきありがとうございました。